BAJALOG(告知Blog)

BAJALOGは終了しましたが、このBlogはイベント告知に使います。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

拝啓 富士様 3

富士登山記2010 -須走口-

なんかさ、サブタイトルって野暮ったいよね


ってことで、俺も大人になったので、いい年なので。
もっとシンプルなタイトルにしようと思います。

blogタイトルも、いまどき 「ばばろぐ」 って・・・。
しかもgoogle検索したらそこそこ色んなblogがヒットするし。。。
なんか気が向いたらいろいろ変更しよう。


っということで、コレのつづき、



須走口7合目までは、
登山道と下山道が分かれているためほとんどすれ違いはありません。
そのおかげで混雑も少なく、そういう意味では割と上りやすいルートなのかもしれないです。


Fuji_039.jpg

そして7合目より先は、
下山客と少しだけすれ違ったりするルート。
すれ違うのは山小屋付近の一部だけなので、登るのにそんなに影響ないですが、
下山道と登山道の二つがあるということは、もちろん道分かれがあるということ。

そして、案の定。
ちょっと登るのがしんどくなり始めた俺らは違う道へ・・・。



下山道でも登れないことはないので、
なんか坂がいきなし急になったなぁとか思いながら登ってると、
その坂を越えるとさらに勾配のキツイ坂が・・・orz

上を見たら心が折れそうな道を一生懸命歩くが、10歩進むと6歩下がってしまうような、
ふかふかの土で出来た坂で、強固な精神を持っていると自負している俺でもフェードアウト。
滑り止めの装備なんてないし、これはいよいよ登山靴を買い換えるときか!!
っとか考えてふと横を見ると・・・・・

あれ?なんか向こうにも道あるやん・・・。

昼登山で道なんて間違えるわけないとか思ってましたが、
ここで30分くらいタイムロス。無駄な体力と精神力をつかってしまう。



Fuji_040.jpg

Fuji_041.jpg

正規ルートに復帰して、30分くらい歩くと本7合目の看板が、
ここらへんから二人の歩くペースに変化がでてきて、
俺がどんどん置いていかれる、血圧100前後のやつにそのペースは無理だ。高山病になってまう。(結局なったけど)


Fuji_043.jpg

Fuji_044.jpg



【本七合目 見晴館 11:40着】

けっこう息が上がるペースが速くなってきて
意識しないと腹式呼吸が出来なくなってきた。

まつもっちゃんはいったん休憩すると、再スタートのときに凄くしんどいとか。
明らかに体に負担はかかってきているんですが、
あまりゆっくり休憩してると先がどんどんきつくなる。
ってことで、呼吸を整えてしっかり水分補給をした後に出発。

もう食欲もあまりありませんw


Fuji_046_20100921213657.jpg

7合を過ぎると、もう明らかに登山道の変化が出てくる須走口。
だんだんと路面も悪くなってきて、勾配もきつくなってきます。
そして空気も薄く。少しずつ、だが、確実に高山病になっていく俺の体。性か。




Fuji_047_20100921213656.jpg

そして天候の変化も激しくなってきます。
雲に一気に包まれて気温がぐっと下がったかと思えば、
一気に晴れて太陽光が刺しつけたり。
高山の午後は天候が落ち着かないと言いますが、まさにその現象。
熱くてもウインドブレーカーは脱げません。




Fuji_048_20100921213656.jpg

完全防備スタイル。




Fuji_049_20100921213655.jpg

【八合目 江戸屋 12:45着】


Fuji_053.jpg

昭和天皇が宿泊したことで有名な江戸屋。
俺たちは今、天皇と同じ景色を見てる。

あ、二人とも平成生まれだった。(若さアピール☆)


Fuji_050_20100921214859.jpg

Fuji_052.jpg


何度も言うかもしれないけど、
昼富士登山には水を持っていく必要がありません。
携帯食も持っていく必要がありません。
それは山小屋が充実し過ぎていてなんでも変えるから。

基本的にはお金さえあればなんでも買えます。
ただ、普通の値段ではなく、その山小屋に運ぶまでの苦労がかかっている富士山価格なんですけどね。
俺はいつも水は2リットルくらい持っていきますが、
結局下山の時に500mlくらい買ってしまいます。
高いお金を出したくなければ、重たいのを我慢していっぱい持っていくべきです。


Fuji_054.jpg

江戸屋からはすぐ次の山小屋が見えます。
だが遠い。なぜか遠く感じる。



Fuji_056.jpg


Fuji_055.jpg

【本八合目 胸突江戸屋 富士山ホテル 13:45着】

ここは、今まで自分が登ってきた須走口と、
富士登山の中ではおそらく一番有名だと思う吉田口(河口湖口)登山の合流地点。

昼はちょっと分かりにくいですが、
これが夜明け前となるとここは人で溢れかえるそうです。


ここまでくればもうほんとにあとちょっと。あとちょっと。
っと自分に言い聞かせて最後の力を振り絞って足を進めます。
もうね、ほんとにしんどいw


Fuji_057.jpg

Fuji_058.jpg

九合目の鳥居地点で先に行ってたまつもっちゃんと合流。
もうあとひとふんばり!!!


Fuji_059.jpg

九合目から下を除くと今まで登ってきた道が一望できます。

これを、ここまで登ってきた達成感と捉えるのか
それとも、この後この道を下山するという悲壮感と捉えるのか・・・。笑







そして・・・




Fuji_061.jpg


つづく・・!!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
このBlogについて

ばば

Author:ばば
BAJALOGは終了しましたが
イベント告知用に使うことにしました。
そんなに使用頻度は高くないですが、
キャンプ企画とかするときに使います。


ちなみに、新Blogはコチラ

コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
 

Copyright ©BAJALOG(告知Blog). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。