BAJALOG(告知Blog)

BAJALOGは終了しましたが、このBlogはイベント告知に使います。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

究極の機能美ってやつか?

謝って正解ですね!

2009.07.18  きよ  編集

>きよ
ちゃんとしたヘルメットの内装見たことないもんば・・・笑

2009.07.18  ばば  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

オフメット リペア

Other

先日会社の先輩にいただいたオフメットですが、
内装が例によって例の如くアレなので、
とりあえずいつものアレでアレしておきました。


DSCN4437.jpg


外観はそこそこ綺麗なので、
どこの家庭にも一本は必ずあるであろう「汚れとりつや之助」で磨きます。
バイザーがあきらかに色あせてるけど、
それが風情というものではなかろうか。


DSCN4424.jpg

そして、どこの家庭にもある、
ティッシュとスパイラル綿棒と筆と無水アルコールを準備します。


DSCN4428.jpg

この黒いブツブツみたいなのが、劣化したスポンジの残りカスです。
もう、触るとほんと気持ち悪い・・・。
誰もが一度は体験したことあるであろう、
寂れた家屋のソファのむき出しで出ているスポンジみたいな感触です。
ネチョネチョしたマシュマロみたいな。
カメラのモルトって言って伝わるならそれが一番似てる・・・。


んで
このスポンジを、
さっきのティッシュとか綿棒とか筆(おもにティッシュ)にアルコールを染み込ませてこすりとります。
消しゴムみたいな感覚です。ちょっと力いれないととれないす。


DSCN4429.jpg

きれーに剥がれたら、くずを掃除機で吸って、
まぁそこそこ綺麗になったら、
今度は内装作りです。



この、
内装作りが、今回のヘルメットリペアにおいて一番重要です。

いかに被り心地を良くするか。
尚且つ安全性を考慮し、どの方面からの衝撃でも即座に吸収できるように作らなければなりません。
ARAIやSHOEIなどのヘルメットメーカーがいかに苦労しているかが伺えます。

初心者には極めて難しい作業ですが、
私は以前MX-2(青のオフメット)で経験しているために、
一人で作業しても十分安全だと考えて作業しています。


DSCN4430.jpg

素材は、いわずもがなウレタン。
ここにいかにお金をかけるかで差が出ます。
私はお金を惜しまず、一切れ178円もするウレタンシートを100平方cmも購入しました。





そしてカッティング。
頭の形状を考えて、
どのような角度でのフィッティングなのか、
それぞれの位置関係を計算しながら、正確にカッティングします。はさみで。





最後に取り付け。
これが一番難しい。
常に頭に装着するものであるから、
通気性や蒸れにくさ、安全性などの全ての項目がこの取り付けによって決まります。
私は何度も試行錯誤した上でベストだと思われる配置を生み出しているので、
あとは取り付けの際に手元を狂わせないように神経を使いました。




DSCN4433.jpg

完成。




これによって、またヘルメットの命を吹き返すことができました。
このヘルメットもまた長い付き合いになることでしょう。






最後に、
「ヘルメット リペア」で検索してここに来られた方。
ほんとうにすみませんでした。

スポンサーサイト

コメント

究極の機能美ってやつか?

謝って正解ですね!

2009.07.18  きよ  編集

>きよ
ちゃんとしたヘルメットの内装見たことないもんば・・・笑

2009.07.18  ばば  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
このBlogについて

Author:ばば
BAJALOGは終了しましたが
イベント告知用に使うことにしました。
そんなに使用頻度は高くないですが、
キャンプ企画とかするときに使います。


ちなみに、新Blogはコチラ

コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
 

Copyright ©BAJALOG(告知Blog). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。