BAJALOG(告知Blog)

BAJALOGは終了しましたが、このBlogはイベント告知に使います。

スポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

フェリー内の「隣の夫婦が騒がしくて」が1番気になった。
なんて破廉恥な船なんだ。

ってぬおぁぁぁぁぁぁ!?
つり橋の写真の左上、人!!人がわらっとるぅぅぅ!!!
心霊写真だらぁぁぁっぁぁぁ!!!

2007.07.09  あかあぺ  編集

>ぺ
まぁ、50代くらいのおじさんおばさんだったけどね。笑
逆に新鮮で面白かったさ。うん。

アレはきっと俺の守護霊だ!!!
俺はきっと宮元Tに守られてるのさ!!!!

2007.07.10  ばば  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

ジャンボフェリージャンボフェリー(じゃんぼふぇりー)は兵庫県神戸市の三宮第3突堤と香川県高松市の高松東港を3時間40分で結ぶフェリーである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Lic …

フェリー&港 ガイド・2007.10.16

TB*URL

カフェカブ特攻~気まぐれ四国編2~

高専時代ツーリングあれこれ

5月19日(土)

AM4:00 道の駅『瀬戸町農業公園』 建物内

携帯のアラームで目が覚める。
たった3時間寝ただけだったのに、
雨はすっかり止んでいて、アスファルトはちょっと乾いてた。
カラダの調子もすこぶる快調で、
ベンチで爆睡してた自分にちょっと引いてたり・・・


みじたく

変な建物の内部はこんな感じ。
ここに銀マットとシュラフカバーで寝てました。



ビニルハウス

変な建物の外見はこんな感じ。
ほら、ビニルハウスっぽいでしょ?笑


とっとと身支度し、
食パンとお茶で朝食を取ってすぐ出発。


ここから八幡浜までは一本道なので、
早朝の静まり返った山の中を独りで走る。
風がふんごい気持ちよくて、
空気がおいしいことでようやく気付いた。
俺、四国を走ってる!!!!



きゅうゆ

四国で初給油。
セルフのくせにハイオク144円。高ぇ。



AM6:00 道の駅「しろかわ」

しろかわ

八幡浜から北に走って松山から高松に行くルートも考えたけど、
せっかくなので高知方面に行ってみることに。
ほら、松山とかいつでも行けるじゃん??笑


早朝ってこともあり、
道の駅はまだ開いてなかったけど、
トイレ清掃のおばちゃんと話せた。
やっぱ方言が違う。なんか違う。イントネーションが違う。
って思ったら、おばちゃんは大阪出身だった。そりゃ違うわな。



ここまで、ずーっとR197で来たけど、
四国カルストを見るために、R440に乗り換えようって思って走ってたら、
いつのまにか見事にスルー。

看板を頼りに、
四万十川源流点に行ってみたけど、
あまりにもしょぼくて軽くスルー。
(後で調べたら場所間違ってたっぽい・・・)

東津野城川林道から北上しようと思って、
慎重に進んでたつもりが、
間違えてR439を走ってて・・・
結局四国カルスト方面に行けなかった↓↓

道、迷いすぎ。
下調べしてなさすぎ。笑


もう、
次回は必ず四国カルストに行くってことにして、
そのまんまR439で高知に向かうことに・・・
なーんかもったいねぇーなぁ。


AM9:00 高知市街

高知

ツーレポ書いてて思った。
なんで俺、桂浜行かなかったんだろう。
なにをそんなに急いでたんだろう・・・。

高知市はどこにも寄らずにR32で高松へ向けて北上。


高知から高松へのメインルートと思われる、
R32は、国道なのにめっちゃくっちゃ楽しい道。
適度なワインディングに、スバラシイ景色。
なんでもない国道ですらこんなに綺麗な四国は素敵だ♪♪

終始ニヤニヤしながら走ってたと思う。
MP3プレーヤーから流れる音楽も、
大好物のケツメイシになってテンション上昇↑↑


はし!!!

高専生は吊り橋を見るとテンション上がります。
材料力学的にはやばい吊り橋でしたが、
工業力学的には大丈夫だったので、渡ります。笑



はしから!!!

大歩危小歩危の清流が綺麗です。
そんな景色を見せてくれる吊り橋って、やっぱ素敵です。



吊り橋とリトル

蒼カブと吊り橋。
いや、
吊り橋と蒼カブだな。



ソロツーリングは、こうゆう所に気軽に立ち寄れるのがいいですな。



大歩危小歩危を通過して、
三好町から北上します、もう高松は目と鼻の先!!!!



この時点で時刻はAM11:00前。
高松港から神戸港へのフェリーは、
10:30発と15:30発と20:00発。
今から行ってもどうせ待たなきゃならんので、
ちょっと以前から行きたかったところに寄り道することに。


R32からちょっと外れて、
琴平町へ、
ちょっくらこんぴらさんまで行きます♪


PM0:00 こんぴらさん着

うどん屋さんとお土産屋さんが並ぶ中、
カブを押して歩いてると、
うどん屋のお姉さん(!!)が、

『ウチに停めていーよー♪帰りはうどん食べてねー♪♪』

っと、
某式サイトと全く同じ状況になって、
軽くデジャブったのでここに停めることに。
なんと、荷物まで預かってもらいました♪♪



軽く屈伸して、明らかな足の疲れを確認したところで、
765段の石段スタート。笑


こんぴら1

最初は、お土産屋とかがいっぱい並んでます。
良く見るとほとんどの店が同じ商品を同じ値段で売ってます。笑
これは、最後に買ったほうがいいな・・・


こんぴら2

まだ、いけます。
よゆーってやつです。


P5190102.jpg

一番凄いのは、
このおじちゃん達。
一日に何往復するんやろう・・・。


!!?

普通の神社としても、凄く立派です。
昔の雰囲気と、
現代の若者達の笑い声と、
売り子のお姉さんのコラボレーション。
絶妙です。


PM0:40 金比羅宮

ついたー

30分くらい階段を上り続けてきたら、
足が攣りそうになりました。
ってか、ここまで500km以上走ってきてのこれは辛い!!!!
ぁ、アキレス腱が!!!なんか変な伸び方してるっっっ!!!!笑


景色

晴れとは言えない景色ですけど、
苦労して登ってきて、この景色はココロが癒やされます♪
誰かと一緒に見たい景色って感じですけどね。苦笑


おみくじ

こんぴらさんは、黄色いお守りが有名ですが、
例によって例の如くオカネがないので我慢です。
いつかリッチになったときにまた来ます。
1368段の奥社まで登ってみたいしね、また来ます。

とりあえずおみくじ引いてみたら『小吉』でした。
いや、小吉が一番いいって話はしってるんですが、
俺はやっぱし大吉のほうがテンション上がりますね。
逆に凶ってのもアリだと思いますけどね、ネタ的に。笑






攣った

案の定、下りは足が攣りました。笑


記念に

本宮まで往復記念に♪
歩行者のガン見なんて気にしない♪♪



店員サンはえー

運動の後は食事です♪
さぬき式の、汁がないうどん。
しょうゆうどんを食べます♪
お客さんはそんなにいないのに、店員さんの動きが全力です。


20070519133200.jpg

おぉ・・・これがさぬき式・・・


汁の有無は置いといて、
とりあえず、福岡のうどんと違うのは、
麺。
福岡のうどんは、
コシより喉通りを重視していて、結構やわい。
それに比べてさぬきのうどんは、
モチみたいに食感がグネっててイイ!!!!
歯ごたえもあるし、
それに伴いツルツルシコシコ感もある!!!!

そして何より、
この花がつおと生姜が最高!!!
まぢおいしい、虜になりそう・・・。



お土産に、
近くの売店で安売りのうどんを2つ買って
こんぴらさんを後にしました。
また来るよ!!!こんぴらさーん!!!

PM2:00 琴平町出発



琴平町から高松港までは、
30kmも無い距離。
地図を見ながら間違えないようにフェリー乗り場へ向かいます。
ってか、
大きな看板が終始導いてくれるので迷う訳もありませんでした♪


PM2:40 ジャンボフェリー高松港

じゃんぼー

ジャンボの書式が、好き。笑



館内

館内では、ジャンボフェリーのテーマ曲がエンドレスリピートです。
独特のメロディーで、なんか洗脳されそうになります。
九州でこの曲を聞いたら、
四国に行きたくてたまらなくなりそうです。笑



半券を買って、
ブラブラしてたら時間になったのですぐに乗船。
マウントポジション(電源の近く)を確保し、
荷物をまとめて爆睡。
フェリーって、寝るために乗るんです♪♪



2時間くらい寝たら、
夕方で、なかなか日が暮れてたので、
デッキに出てみた。
ちょうど明石海峡大橋も通るっぽい。


ゆーひ

出てみて唖然。
夕日がめっちゃ綺麗。
感極まって泣きそうになった。

夕日と大橋と若者と。

全く関係ない人がイイ味出してます。笑



PM7:20 ジャンボフェリー神戸港

かぶ

さっ。
降りたら速攻で京都府城陽市の友達の家を目指します。
この辺りを走るのは4回目くらいなので慣れっこです。
車に注意しながらガシガシ走ります。



R2からR1に入って、
枚方を通って城陽へ。

なんか急激に田舎になってきました。笑



PM9:30 富野荘駅

とのしょー

思ったより早く着いたー♪
福岡からここまでで600kmくらい。
四国を通るとやっぱ近いなー
フェリーの存在がデカイね。うん。


待つこと5分。地元の友達、アンパンが登場。
おっす、久しぶり!!!!



アンパンは、まだ一人暮らしをして日が浅い。
だいたい想像は出来ていたけど・・・



もりべや

プライバシー保護。笑



ちょろっと掃除して、
身支度して、
カラダを清めて、
その後は晩餐会。

味噌煮込みうどんとか、
さぬきうどんとか、
梅こぶ茶漬けとかご馳走になりました。

話もツモリツモルのですが、
さすがに疲れてたのか、深夜1時頃就寝。
布団ってスバラシイ。



つづく
スポンサーサイト

コメント

フェリー内の「隣の夫婦が騒がしくて」が1番気になった。
なんて破廉恥な船なんだ。

ってぬおぁぁぁぁぁぁ!?
つり橋の写真の左上、人!!人がわらっとるぅぅぅ!!!
心霊写真だらぁぁぁっぁぁぁ!!!

2007.07.09  あかあぺ  編集

>ぺ
まぁ、50代くらいのおじさんおばさんだったけどね。笑
逆に新鮮で面白かったさ。うん。

アレはきっと俺の守護霊だ!!!
俺はきっと宮元Tに守られてるのさ!!!!

2007.07.10  ばば  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

ジャンボフェリージャンボフェリー(じゃんぼふぇりー)は兵庫県神戸市の三宮第3突堤と香川県高松市の高松東港を3時間40分で結ぶフェリーである。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Lic …

フェリー&港 ガイド・2007.10.16

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
このBlogについて

ばば

Author:ばば
BAJALOGは終了しましたが
イベント告知用に使うことにしました。
そんなに使用頻度は高くないですが、
キャンプ企画とかするときに使います。


ちなみに、新Blogはコチラ

コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
 

Copyright ©BAJALOG(告知Blog). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。